マルチチェーンの時代を制するxDAIのステーキング方法

最近注目を集めている xDAIの概要とステーキングの方法について紹介します 。

xDAIとは?

DeFi(分散型金融)に馴染みのある方であれば、そのほとんどの人がステーブルコインのDAIを使ったことがあるのではないでしょうか。DAIは便利ですがイーサリアム(Ethereum)のネットワーク上ではガス代が高いことが問題になっていますし、送金にも少し時間がかかってしまいます。

xDAIとはイーサリアムベースのサイドチェーンとそのチェーン上のステーブルコインを指し、ステーブルコインxDaiはイーサリアム上のDAIよりも早く安く送金することが可能です。xDaiチェーンは1ブロックが5秒で生成され、1秒間にさばけるトランザクションの数は70だと言われています。

xDAIは分散型金融や NFT、DAO、などさまざまなプロジェクトやアプリケーションや開発者向けツールに採用されています。

xDAI

xDAIチェーンには、ステーブルコインであるxDAIとは別にSTAKE(ステーク)というガバナンストークンが存在します。STAKEトークンはイーサリアム上とxDAIチェーン上の両方に存在し、取引所ではHuobi GlobalやUniswap、Sushiswapなどで手に入れることができます。このSTAKEトークンをステーキングすることで資産を増やすことが可能です。

xDAI
出典:Coinmarketcap

xDAIのステーキング方法

少し前置きが長くなってしまいましたが、ステーキングの方法を見てみましょう。

今回はステークフィッシュス(stakefish)を使ってやってみます。まずxDAIのエクスプローラーの「Webサイト」にアクセスしてください。

xDAIのメインネットが選択されていることを確認して、次にその横にあるAppsというタブをクリックして、その下にあるstaking on xDAI をクリックするとバリデータのページにたどり着けます。
xDAI

次に画面上部にあるMetaMaskのボタンをクリックして、MetamaskとxDAIチェーンの接続を行います。MetaMaskに出てくる説明に従って進めて下さい。

xDAI

ポチポチクリックしながら進め、最後にメタマスクのネットワークを確認すると xDAIチェーンというものが表示されているはずです。

xDAI

ここまでできたら、MetaMaskを使ってログインをクリックしてください。MetaMaskの表示に従って接続を進めます。
xDAI

ログインの文字の代わりにイーサリアムのアドレスが表示されていたらログイン完了です。次にデリゲートするバリデータを選びます。好きなバリデータを選んで大丈夫ですが、今回はstakefishを使うので、stakefishを探して右側のステークボタンをクリックします。

xDAI

ステーキングしたいSTAKEトークンの量を入力して、緑の「Place stake」と書かれたステーキングボタンを押し、確認を意味する「Confirm」ボタンを押せば完了です。

xDAI

ステーキングの方法はこちらの動画からでも確認することが可能です。

【こんな記事も読まれています】
ステーキングの参加方法は?stakefish(ステークフィッシュ)の使い方
stakefishで簡単にEthereum2.0のステーキングをする方法
ステーキングするなら知っておきたい!バリデータの選び方


この記事はstakefishからコンテンツ協力を得て提供しています。stakefishは暗号資産ユーザー向けのステーキングサービスを提供しています。Ethereumをはじめとした様々なノード運用の実績を元にサービスを提供しており、ユーザーは秘密鍵を渡すことなくステーキングができます。stakefishによるステーキングサービスの詳細を知りたい方は是非下記のリンクをご参照ください。

参照:https://stake.fish/ja/

おすすめの記事
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
仮想通貨ニュース
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の開発に特に注力しているロシアですが、CBDCを利用した取引に手数料を付与することが検討されています。ただし、通常の電信送金などよりも非常に小さな額となり、その使いやすさから仮想通貨に依存している現状を脱却することが期待されています。
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
仮想通貨ニュース
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
マイニングプール大手のF2poolが8周年を迎え、その記念にNFTアートのオークションを開催することを発表しました。韓国でも著名なアーティストの作品をNFT化したものが販売され、収益の一部は地球温暖化対策としてカーボンクレジットの購入に充てられます。