K-POPアーティストの動画NFTをエアドロップ、アニモカ・ブランズらの合弁会社

韓国文化コンテンツの普及を推進しているアニキューブ(Anicube)が4月5日、キューブ・エンターテインメントの人気K-POPアーティストが登場する動画NFTのエアドロップを行うことを発表した。

対象となるすべてのファンにエアドロップ予定

今回のアニキューブの動画NFTは、ポリゴン(Polygon)のブロックチェーンでミントされる。NFTエアドロップの対象者になるためには、4月5日午前11時から4月15日午前11時までにソフトウェアウォレットであるメタマスク(MetaMask)をアニキューブ公式サイト(https://www.anicube.com )に接続する必要がある。NFTの配布は、4月18日までに行われる。

またこのNFTの所有者は、コレクション性だけでなく、アニキューブが構築するメタバースでの実用性を享受することができるようになる予定だという。

ザ・サンドボックスとも提携

アニキューブは、香港のブロックチェーン企業であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)と韓国の芸能プロダクションであるキューブ・エンターテインメント(Cube Entertainment)との合弁会社として2月22日に設立。設立当時のプレスリリースでは、キューブ・エンターテイメントの保有するK-POPの音楽アーティストや俳優の知的財産権をベースに、音楽メタバースを構築し、NFTとエコシステムトークンを発行すると発表している。

さらにアニキューブは3月2日、アニモカ・ブランズの子会社であるザ・サンドボックス(The Sandbox)との提携も発表した。今後の活動内容として、メタバース内の専用ゾーンで仮想イベントの開催、体験の作成、デジタル資産の構築を行い、K-カルチャーをグローバルに広めると明かしている。

なお、アニキューブとザ・サンドボックスの提携発表時に、キューブエンターテインメントのアン・ウヒョン(Ahn Woohyung)CEO(最高経営責任者)は、「世界的なK-POPの波により、韓国文化自体があらゆる分野で強い影響力を持つだろう」と語っている。また、同氏は、「ザ・サンドボックスの仮想空間で国内のさまざまな企業と提携し、ユニークなK-コンテンツを創造することを期待している」とも話した。

参考
K-pop NFT airdrop from Anicube, the JV of Animoca Brands and Cube Ent

【こんな記事も読まれています】
ザ・サンドボックスが韓国の芸能プロダクションと提携、メタバース事業構築へ
ザ・サンドボックス、金融サービスプロバイダーのHSBCと提携
メタバース・ゲーム・スタジオが総額12億円の資金調達に成功、アニモカ・ブランズらが主導

おすすめの記事
【墨汁速報】破産裁判所が仮想通貨レンディング「ブロックファイ」の再建に向けた売却オークション計画を認可
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産裁判所が仮想通貨レンディング「ブロックファイ」の再建に向けた売却オークション計画を認可
米破産裁判所は、2022年11月に破産してチャプターイレブンで再建中の仮想通貨レンディング企業最大手ブロックファイ(BlockFi)が買収先を探すための入札を開始するための申立てを許可。破産裁判所の許可が降りたことでブロックファイは2023年中旬に向けて再建を目的とした自身の売却オークション手続きを開始することになる。
【墨汁速報】複数トラブル抱える仮想通貨最大手DCG 四半期配当の停止を株主に通告
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】複数トラブル抱える仮想通貨最大手DCG 四半期配当の停止を株主に通告
仮想通貨最大手のコングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)は株主に対して四半期ごとの配当を一時的に停止すると発表。同社は子会社であるジェネシス・グローバル(ジェネシス・トレーディング)が破綻したFTXによる巨額損失を抱えるなど複数のトラブルを抱えている。