ザ・サンドボックスが韓国の芸能プロダクションと提携、メタバース事業構築へ

ザ・サンドボックス(The Sandbox)は3月2日、韓国の芸能プロダクションのキューブ・エンターテイメント(Cube Entertainment)と提携したことを発表した。メタバースの運営とデジタル資産の開発による韓国文化のグローバルな普及を目指すという。

メタバースとNFTに関する事業拡大のために提携

ザ・サンドボックスは、香港を拠点とするブロックチェーン関連企業アニモカ・ブランズ(Animoca Brands)の子会社だ。アニモカ・ブランズとキューブ・エンターテイメントは2月22日、合弁会社のアニキューブ(AniCube)の設立を発表している。アニキューブでは、キューブ・エンターテイメントの保有するKポップの音楽アーティストや俳優の知的財産権をベースに、音楽メタバースを構築し、NFTとエコシステムトークンの発行を予定している。

今回のザ・サンドボックスとキューブ・エンターテイメントの提携は、メタバースとNFTに関する事業拡大のための詳細な連携に焦点を当てたものだ。さまざまな企業を巻き込み、メタバースにおける韓国文化の紹介イベントを開催していく予定だ。キューブ・エンターテイメントに所属しているアーティストも、このメタバースを広めるために参加するという。

また、今回の提携の第一弾として、キューブエンターテインメントが所有するメタバース上の土地にKカルチャーの複合文化空間が誕生する予定だ。ブロックチェーンを活用したこの仮想空間で、世界中のユーザーが手軽に韓国文化を体験することができる。

ユニークなKコンテンツを創造することを期待

今回の提携イベントには、ザ・サンドボックスとキューブ・エンターテイメントの双方の幹部が出席した。ザ・サンドボックスのセバスチャン・ボルゲ(Sebastien Borget )COO(最高執行責任者)兼共同創業者は、「キューブは、Kカルチャーハブを介してサンドボックスに一歩踏み込むことで、オープンメタバースの精神を真に受け入れている」と述べている。

また、キューブエンターテイメントのアン・ウヒョンCEO(最高経営責任者)は、「ザ・サンドボックスとのパートナーシップにより、第4次産業革命の鍵となるメタバースにおいて、韓国文化を世界に広める主役になろうとしている」と語った。また、同氏は、「世界的なKポップの波により、韓国文化自体があらゆる分野で強い影響力を持つだろう。私たちは、この大きな可能性を秘めたKカルチャーを、メタバースという新しい空間で、グローバルユーザーに紹介していく予定だ」とも話している。

参考
The Sandbox partners with Cube Entertainment for developing metaverse business

【こんな記事も読まれています】
遊びながら稼げるブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)とは?概要と使い方を解説
NFTで健康になって稼げる?話題のアプリSTEPN(ステップン)とは?
ソラナ(Solana)のゲーム&NFTプロジェクト、Aurory(オーラリー)とは?

おすすめの記事
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
仮想通貨ニュース
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
現在は市場価格にあまり変化がなく、停滞気味に見えるビットコイン(BTC)ですが、その裏で先物市場における基準価格は一年ぶりの底値を迎えようとしています。前例もいくつかあり、その際は共に回復傾向に変わるとプラスの影響がありましたが、今回はどのような結果となるのでしょうか。
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
インタビュー
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
グループ会社に仮想通貨交換業を営むGMOコインを持つ、GMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏に2019年の仮想通貨業界とこれからの動き、そしてGMOインターネットグループで発行予定のステーブルコイン「GYEN」について聞きました。