【墨汁速報】米SEC 老舗仮想通貨取引所「クラーケンを証券取引違反」で数日以内に起訴か:リーク

リークによると米証券取引委員会(SEC)は古参仮想通貨取引所であるクラーケン(Kraken)に対して、証券取引法違反の疑いで調査を行っているという。クラーケンは2011年にサンフランシスコを拠点とした米仮想通貨取引所として知られており、2022年に米国で仮想通貨銀行を設立している。

関連記事:【墨汁速報】米SECが仮想通貨レンディング「ネクソ(Nexo)」を起訴 米規制当局へ罰金支払いへ

クラーケン証券取引違反で調査

仮想通貨取引所として老舗で知られる「クラーケン」の調査について詳しいとされるリーク者によると、米証券取引委員会(SEC)は現在「クラーケンが未登録の証券をアメリカ国民に販売した疑い」で調査を行っているという。クラーケンに対する調査は既に最終段階まで来ており、数日以内に罰金支払い等による和解についてSECから発表があると見られる。

現時点ではどのビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などどの仮想通貨の販売が証券に該当するかはリークされておらず、これまでのSECの調査の例にないため今後に大きな影響を与えることになると考えられるだろう。

関連記事:【墨汁速報】FTX前CEO「投資家搾取」でSECから別件起訴 仮想通貨顧客資産の使い込みの疑い

SECの止まらない起訴

SECは2022年11月に破綻したFTXグループ事件から前CEOのアフロことサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried=SBF)氏の起訴にはじまり、多くの仮想通貨最大手の調査と起訴を立て続けに行っている。

サム・バンクマン・フリード氏と破綻の原因となったアラメダ・リサーチのキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)を「投資家搾取」で起訴するのは理解が容易いだろう。一方でこの「FTX事件」をきっかけにSECは仮想通貨業界への調査を加速させており、破産した最大手仮想通貨ブローカレッジのジェネシス・グローバル・キャピタルとウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所ジェミニ(Gemeini)にも未登録の証券を提供したとして起訴を行っている。

またレンディング企業のネクソ(Nexo)も米国規制に遵守できずに撤退した後、SECによって同様の証券取引法違反で起訴されたことも記憶に新しいだろう。2023年はFTX事件によって米国における仮想通貨規制の引き締めが行われることが予想され、このクラーケンの起訴の行方次第で仮想通貨価格に大きな影響を与えることになると考えられるだろう。

関連記事:【墨汁速報】米SEC1200億円仮想通貨トラブルのジェネシスとジェミニを未登録証券提供で起訴

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】揺らぐバイナンス帝国 米司法省のCEOに対する捜査により役員が3名辞任=リーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】揺らぐバイナンス帝国 米司法省のCEOに対する捜査により役員が3名辞任=リーク
リークによると世界最大手仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」の重要な役員が最低でも3名辞任したという。バイナンスは米国証券取引委員会(SEC)や米商品先物取引委員会(CFTC)などの米国規制当局の提訴だけにとどまらず、世界中の規制当局から調査を受けておりライセンス取得や買収判断見送りなどの影響が出ている。
【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク
モルガン・スタンレーは、富裕層クライアントへビットコイン投資を行うことができるビットコインファンドへのアクセスを提供するという。JPモルガンの間接的な仮想通貨への投資を行うバスケット取引に対し、モルガン・スタンレーは米投資銀行として初となる富裕層へのビットコインへの投資を提供することになる。