「69%が現実世界の悩みから逃れメタバースへ」トークデスクがレポート公開

企業向けのクラウドコンタクトセンターであるトークデスク(Talkdesk)は7月28日、「メタバースでつながる(Connecting in the Metaverse)」というレポートを発表した。同レポートによると、69%の消費者がメタバースにアクセスすることで現実世界の悩みから逃れたいと考えているという。

デジタルネイティブの人々がメタバースに最も参加

今回の調査は、1,500人の米国人消費者を対象として実施している。そして、調査対象の約半数(49%)が、完全に統合されたメタバースを人間関係を構築しつながりを深めるために恵まれた環境であると考えているという。

また今回の調査によると、男性(73%)は女性(62%)よりもメタバース的なプラットフォームを訪れる可能性が高いことが判明した。世代別に見ると、ミレニアル世代(75%)とZ世代(64%)は、ベビーブーマー世代(45%)よりも頻繁にメタバース的なプラットフォームを訪問している。これらの調査結果から同社は、消費者の大多数は最近メタバース的なプラットフォームを訪れたことがあるものの、最も参加する傾向があるのは、デジタルネイティブの人々のようだと類推している。

一方で女性の37%と男性の50%が、メタバースでハラスメントや人種差別、何らかの差別を経験したことがあると認めている。調査対象者の半数以上(56%)が、政府がメタバースの規制と監視をするべきだと考えているという結果だった。

新しい体験とさまざまな形でのつながりに期待

トークデスクのシャノン・フラナガン(Shannon Flanagan)氏は、「洗練された直感的でシームレスなメタバースはまだ実現されていないが、消費者はメタバース的なプラットフォームに足を踏み入れ、買い物やゲームをしたり目新しさを味わったりしている。消費者にとってメタバースは無限に近く、この世のものとは思えないような体験やさまざまな新しい方法でつながることが期待できる」と語っている。

また同氏は、「ブランドはよりインタラクティブなショッピングやサービスを顧客体験戦略に取り入れることを検討すべきだろう」とも話している。

参考
Consumers Look to the Metaverse for Deeper Connectio

【こんな記事も読まれています】
「若いゲーマーほどメタバースに時間とお金を使う傾向」 米コンサル企業の調査結果
ブロックチェーンゲーム企業アニモカ・ブランズが約103億円の資金調達、メタバース推進へ
米国の9.4%「NFTゲームプレイしたことある」アメリカの調査結果が公開

おすすめの記事
ブラックロックのビットコインETFは米国証券取引委員(SEC)に承認されるのか?
仮想通貨ニュース
ブラックロックのビットコインETFは米国証券取引委員(SEC)に承認されるのか?
世界最大手の資産運用会社であるブラックロック(BlackRock)が2023年6月に上場投資信託である「ビットコイン現物ETF」の申請準備をしているというリークの後、正式に米国証券取引委員会(SEC)に申請しました。このビットコイン現物ETF承認される可能性があるのかについてわかりやすく解説を行います。
【墨汁速報】バイナンスがFTX買収を断念か? ビットコインはドル建てで2022年最安値更新
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】バイナンスがFTX買収を断念か? ビットコインはドル建てで2022年最安値更新
流動性危機に直面していた世界最大手仮想通貨取引所のFTXを救済目的で買収するとしていたバイナンスがデューデリジェンス後に難色を示しているという。米規制当局は原因となったサム・バンクマン・フリード氏の投資会社であるアラメダリサーチとFTXとの関係性を調査しているという。