【墨汁速報】仮想通貨暴落の引き金懸念「セルシウス(CEL)」が引出しの一時停止を発表

高金利仮想通貨レンディングのセルシウスネットワーク(Celsius Network)は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨市場が大きく下落していることで引出しやスワップを一時停止すると発表。セルシウスネットワーク(CEL)は、最大で17%の利回りを支払うと謳う一方で非常にリスクの高い運用をイーサリアム上のDeFi(分散金融)で行っていることでも知られている。

関連記事:【墨汁速報】セルシウス(CEL)56億円のビットコインをBadgerハックで失ったことを認める

セルシウス(CEL)が引出しや売買を停止

セルシウスネットワークの公式発表によると、「ビットコインやイーサリアムの極端な下落相場に伴い、本日付けでセルシウスはすべての仮想通貨の引出し、スワップ、アカウント間の送金を停止する」と発表。

引出しやスワップを停止した理由として、長期的なユーザー資産の引出しの義務におけるよりよいポジションを維持するためだとしている。またセルシウスの利用規約に記載しているように、リスクマネジメントフレームワークを厳守するためにこの引出し停止という措置を実行したという。

セルシウス(CEL)のハッキング損失

セルシウスネットワークは2021年12月に起きたイーサリアム上でビットコインの運用を行うアグリゲータープロジェクト”Badger DAO”のフロントエンドハッキング事件において56億円相当(約900BTC)のビットコインを失ったことを発表している。

このハッキング被害で失った900BTCはユーザーによる預かり資産ではないとしているが、真偽は不明だ。さらにセルシウスは顧客の預かり資産であるイーサリアムのETHをイーサリアム上で運用しており、大半をステーキングプールのリドファイナンス(Lido Finance)を介してイーサリアム2.0のステーキング報酬やDeFiによるアドバンテージを得ている。

stETHはイーサリアムのThe Mergeが完了した後、ETH引出しを行えるようになるまで預け入れ自体は片道切符となっている。つまり現在の下落仮想通貨相場においてユーザーのETH引出しが集中するとstETHをかなり不利なレートで売却しなければいけないということになる。

関連記事:【墨汁速報】ETH影響は?イーサリアムのPoS移行に一歩前進”ロプステンでマージ完了”

現在のレートは1stETHを売却すると0.9462ETHとなり、約5.4%の損をすることになる。この運用利益から顧客への金利を生み出しており、ハッキング被害と合わせるとユーザーに引出しをしてほしくないという意図が汲み取れるだろう。

 

無価値になったLUNAを運用していた

セルシウスは、年利17~20%という高い金利を提供していたテラ上のレンディングプロトコル「アンカー(Anchor)」で約5億ドルを運用しており、74000分の1以上の暴落をしてほぼ無価値となったLUNAとUSTを利用していた。

LUNA価格と1ドルと同価値を持つUSTの価格が暴落した際、セルシウスはこの巨額の資金を撤退しており、下落率が低いうちに撤退したとされているため損失は抑えられただろう。

ただし上記のようにセルシウスは非常に高いリスクを取ってユーザー資産を運用することで高い金利を提供しており、これらの運用による損失が2018年のコインチェックの580億円のハッキングや、2013~2014年のマウントゴックスハッキングと同様に仮想通貨の大暴落を引き起こす懸念点となりつつある。今後のセルシウスの動向には注意しておく必要があるだろう。

 

関連記事:【墨汁速報】テラのLUNA価格が最高値から1ヶ月で74000分の1へ暴落 仮想通貨取引所が次々に取引停止に

▼墨汁サロンでは投資家向けにイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加
イーサリアムの手数料モデルを変更し、ETH価格の高騰と手数料緩和が期待できるEIP-1559のコミュニティ会議が26日に行われた。今回のコミュニティ会議ではイーサリアムマイニングプールやマイニング行うハードウェア”ASIC”の開発企業のCTOなどが参加しお互いの意見を共有した。
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
イーサリアム2.0のBeacon ChainメインネットがEpoch74240を迎え、初となる大型アップデート「アルタイル」ハードフォークが実装された。テストネットでは8月に既にテスト実装されており、メインネットでの実装予定が10月27日前後となっていた。詳細を解説します。