【墨汁速報】勝訴で高騰ビットコイン全戻しの下落 米SECビットコイン現物ETF審議を延長へ

米国証券取引委員会(SEC)はグレースケールとのビットコイン現物ETF(Bitcoin Spot ETF)の否決に関する訴訟で敗訴したものの、ブラックロックやフィデリティが申請しているビットコイン現物ETFの審議の延長を発表した。ビットコイン価格はグレースケールの勝訴で8%高騰していたが、再度価格が下落しており高騰前の価格を下回っている。

関連記事:【墨汁速報】ビットコイン8%高騰"グレースケール対SEC"勝訴でビットコインETF承認に期待が高まる

*現在速報のため追記中。最新の更新は@bokujyuumaiよりお知らせします。

SECビットコイン現物ETFの審議を延長

米国証券取引委員会(SEC)は現在ブラックロックフィデリティなど多くのファンドが申請している「ビットコイン現物ETF(Bitcoin Spot ETF)」の審議を45日延長することを発表した。この延期はSECがルール変更を求める際に審議を行うために認められていることであり、想定の範囲内であると言えるだろう。

この発表は米国時間31日に行われているため、次の審議のデッドラインは2023年10月17日の現地時間までとなっている。今回の延長は全てのビットコイン現物ETFで発表されており、

・ブラックロック(BlackRock)
・ウィズダム・ツリー(WisdomTree)
・インベスコ・ギャラクシー(Invesco Galaxy)
・ワイズ・オリジン(Wise Origin)
・ヴァンエック(VanEck)
・ビットワイズ(Bitwise)
・バルキリー・デジタル・アセット(Valkyrie Digital Assets)

が含まれている。

2024年にビットコイン現物ETF承認か?

ブルームバーグのアナリストによると、グレースケールの米国証券取引委員会(SEC)勝訴によってビットコイン現物ETFが承認される確率が75%まで高まっていると述べており、2024年の最終デッドラインまでには95%の確率で承認されると考えているようだ。

ビットコインは2024年には新規発行されるBTC数が半分となる半減期を控えており、ビットコイン現物ETFへの承認の期待が高まっていることからも来年は大きな年になると言えるだろう。一方で現在のビットコイン価格はグレースケールの勝訴前の26000ドルを下回っており、高騰は全戻し状態でむしろ高騰前の価格を割っている状態だ。

イーサリアムのL2やzkEVM、レイヤーゼロ(LayerZero)などの技術的な急成長を見せている仮想通貨だが、FRBの利上げによるタカ派で上値は重い状態が続いている。これらのファンダメンタルを考慮しても2024年に向けての価格回復はビットコイン現物ETFの承認が鍵となることが安易に予想できるだろう。

コラム:レイヤーゼロ(LayerZero)とは?なぜイーサリアム上で今注目されているのか

 

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】米SEC 今年2度目の仮想通貨取引所クラーケン提訴「未登録の証券取引所」
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米SEC 今年2度目の仮想通貨取引所クラーケン提訴「未登録の証券取引所」
米国証券取引委員会(SEC)は、米老舗仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)の親会社であるペイワード社とペイワード・ベンチャーズ)を提訴した。クラーケンの提訴は今年2月にイーサリアムなどのステーキングサービスを証券であるとしてされており、今年で2回目となる異例の事態である。