ブロックチェーンゲームアライアンス、2022年ブロックチェーンゲームに関する調査結果公開

ゲームスタジオにブロックチェーンを啓発しているブロックチェーンゲームアライアンス( Blockchain Game Alliance)は1月12日、2022年のブロックチェーンゲームに関する調査結果を公開した。

ブロックチェーンがゲームにもたらす利点は「資産オーナーシップ」

今回の調査は、ブロックチェーン分野の252のプロジェクトや企業を代表する合計347名のプロフェッショナルが2022年10月11日から11月20日までに回答したものだ。回答者の多くは、ブロックチェーンゲーム企業で中間管理職やトップマネジメントとして働く若年層の男性だ。

ブロックチェーンがゲームにもたらす利点についての質問では、68.9%が資産オーナーシップを最も重要なものとして挙げている。この回答は、2021年に行った同項目でも、カテゴリーでトップとなっていた。

また25歳以上の回答者の25.8%が、ブロックチェーンの大きな利点として、プレイヤーによる資産保有を挙げている。25歳以下で同じ回答をしたのは14.8%にとどまっている。一方、25歳以下の回答者の11.4%が、透明性を主な利点として挙げている。ほかの年齢層で透明性を挙げたのは平均2.2%だったことから、若い世代では特に透明性を重要視していることが考えられる。

さらに、25歳以下の回答者の11.4%が、ブロックチェーンゲーム産業の推進力として、遊びながら稼ぐ(P2E)仕組みを重視していると回答している。

ブロックチェーンゲームに関する誤解について69.5%が詐欺と回答

ブロックチェーンゲーム業界が直面している課題としては、回答者の51%が、プレイヤーのオンボーディングとアクセシビリティを挙げた。さらに、37.2%がゲームプレイの悪さを挙げており、2021年に行った調査結果の5位から上昇している。また、3番目に多かった回答は、ブロックチェーンゲーミングのコンセプトが市場参加者に十分に理解されていないということだった。

ブロックチェーンゲームに関する誤解についての質問では、69.5%が詐欺と回答した。2021年の調査では59%だったため、増加している。また、37.4%が、ブロックチェーンゲームは面白くないと誤解されていると回答している。

参考
The BGA 2022 Member Survey & Report

参考
「2022年のDAppsの原動力はブロックチェーンゲームとNFT」ダップレーダーがレポート公開
今年のメタバース・ベンチャー投資から2023年について分かることとは?

【こんな記事も読まれています】
2023年の仮想通貨の見通し、ビットコイン(BTC)は高騰する?
今年のメタバース・ベンチャー投資から2023年について分かることとは?
「2022年のDAppsの原動力はブロックチェーンゲームとNFT」ダップレーダーがレポート公開

おすすめの記事
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
SEC(米国証券取引委員会)はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の高金利レンディング企業BlockFiを綿密に調査しているという。BlockFiは最大で年間利回り9.5%を提供するレンディング企業であり、金利を提供するBIAが証券に当たる可能性があると考えられている。