【墨汁速報】イーサリアム公式がついにマージ(The Mereg)の9月実装を正式にアナウンス

イーサリアムファンデーションは7年間で最大の大型アップデートとなるマージ(The Merge)を9月に実行すると正式にアナウンス、ついにメインネットでの実装確定となる。イーサリアムのマージではマイニングを破棄するパリ(Paris)アップデートとマージの前準備であるベラトリクス(Bellatrix)アップデートが2回にわたって行われる。

関連記事:【墨汁速報】米仮想通貨取引所イーサリアム分裂を前提としたIOUトークン取引を開始

イーサリアム財団 マージの予定を正式アナウンス

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)はローンチから7年の集大成となる超大型アップデート「マージ(The Merge)」を9月に正式にDeFiやNFTが動いているメインネットに実装すると発表。

22日にはイーサリアムのイーサリアム財団が開発するソフトウェアクライアントのゲス(Geth)がマージを実装するタイミングである最終合計難易度の58_750_000_000_000_000_000_000を含む最新版を公開し、翌23日にはイーサリアム2.0の4つのメジャークライアントプリズム(Prysm)やテク(Teku)、ライトハウス(Lighthouse)、ニンバス(Nimbus)もマージを実装する最新版を公開していた。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム「マージ(The Merge)」への正式カウントダウン開始 実装を行うTTDを含むソフトウェアをリリース

パリとベラトリックスアップデートとは?

イーサリアムのマージではまず先にステーキングがされているイーサリアム2.0(またはET2)においてベラトリックス(Bellatrix)アップデートが9月6日に行われて事前準備を行い、ゲスなどのイーサリアム1.0(またはETH1)にてパリアップデートが9月15日に行われ、現行のイーサリアムはETH1エンジンとしてコントラクト実行や送金を行うエグゼキューションレイヤーへと生まれ変わる。

つまりマージはパリとベラトリックスアップデートの2つで構成されており、32ETHをステーキングしているバリデータは両方とものノードを予定日より前にアップデートをしなければならない。

イーサリアム2.0側がエポック(Epoch)というブロック高に相当する実装を行うのに対し、イーサリアム1.0側ではTTDを利用するため変動しやすいことから想定範囲は10日~20日としているが、イーサリアム開発者のリサーチによると15日前後と推計されている。

イーサリアム1.0側に同期バグが発見

一方でイーサリアム1.0のクライアント「ゲス(Geth)」では公開された最新版で同期の際にバグが確認されており、セントリーオメガ(Sentry Omega)という一時修正となるホットフィックスが24日夜に公開されている。

だがこのバグはマージに関係するわけではないため、延期の理由とはならないだろう。

関連記事:イーサリアムのマージ(The Merge)でどう変わる?DeFiやNFTへの影響は?

▼墨汁サロンでは投資家向けにDeFiやNFT、イーサリアム2.0の仕組み、32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く広く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
イーサリアムがマイニングを廃止してプルーフ・オブ・ステークへ完全移行する一大大型アップデート「The Merge(マージ)」に向けて、中国人マイナー達は自身の利益を守るためにイーサリアムをフォーク(分裂)させるための「イーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアであるGethを公開した