【墨汁速報】イーサリアム”マージ(The Merge)”のカウントダウンで実装が24時間を切る

イーサリアムのローンチ以来の超大型アップデート「マージ(The Merge)」の実装は約18時間後と推計され、24時間を切る。9月6日にはマージの前半アップデートとなるベラトリックス(Bellatrix)アップデートが既に完了しており、後半となるパリアップデートのTTDが58_750_000_000_000_000_000_000へ近づいている。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム「マージ」第1段の「ベラトリックスアップデート」が無事完了 残すは15日のパリのみ

イーサリアム「マージ」は24時間以内実装へ

イーサリアムの超大型アップデート「パリハードフォーク」はTTDが58_750_000_000_000_000_000_000になることで実装されるマージ(The Merge)の後半部分だ。現在のTTDはイーサリアムのネットワーク情報によると58688304131573622275294となっており、現在のハッシュレートを維持していくと仮定すると日本時間2022年9月15日13時頃になる予定だ。

このマージを行うパリアップデートはEIP-3675として提案されたものであり、実装内容としてはイーサリアムブロック構成の変更やOPCODEの置き換えなどの最小変更が行われ、ETH発行数が極端に減少することになる。

関連記事:イーサリアムのマージ(The Merge)でどう変わる?DeFiやNFTへの影響は?

ETH2バリデータはマージから運用環境が変化

ETH投資家やDeFiユーザー、NFTアートの保有者などは特にマージで対応を行う必要がない。一方でイーサリアムネットワークの中核となる32ETHをローンチパッドなどを介してステーキングしている「バリデータ」は複数の準備をする必要がある。

マージからはバリデータの運用方式が変わり

  • ETH1エンジンのノード同期
  • JWTトークンによるHTTP接続の認証
  • Fee Recipient(バリデータ報酬受取)の設定

などをする必要がある。

関連記事:イーサリアムの一大イベント「マージ(The Merge)」前にETH投資家が準備すべきこと

ETHの貸付レート高騰

マージに伴いレンディングプロトコルのアーベ(Aave)ではETHの貸付の年間金利が20%を超えており、マージで分裂するイーサリアムPoW(以下ETHWとする)のETHWの付与を受け取ろうとする需要が明確となってきていることになる。

アーベはDAOのコミュニティ投票によってマージ時の流動性低下に伴う借入停止をしており、この影響が大きい。ETHWはマージ後の24時間でローンチを予定しており、フォークが成功するか見ものだ。

関連記事:【墨汁速報】米仮想通貨取引所イーサリアム分裂を前提としたIOUトークン取引を開始

▼墨汁サロンでは投資家向けに32ETHステーキングのやり方やFee Recipientの解説、DeFiやNFTの仕組み検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】破産の仮想通貨ヘッジファンド3ACの資産凍結 スリーアローズの創業者は雲隠れ
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産の仮想通貨ヘッジファンド3ACの資産凍結 スリーアローズの創業者は雲隠れ
米ニューヨーク破産裁判所の連邦裁判官は、7月4日に米国で破産申請をした仮想通貨ヘッジファンドの”スリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital)”通称3ACが所有する残りの資産を凍結。現地時間火曜に行われた法廷審問で緊急動議として許可をしたという。
【墨汁速報】仮想通貨レンダー "セルシウス(Celsius)"が破産申請の手続き中とリーク その後正式に破産申請を発表【追記】
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨レンダー "セルシウス(Celsius)"が破産申請の手続き中とリーク その後正式に破産申請を発表【追記】
仮想通貨レンディング企業のセルシウスネットワーク(Celsius Network)が破産申請をしたと発表。セルシウス(Celsius)は6月13日にビットコインやイーサリアムのレンディングを利用しているユーザーの資産引出し、売買、送金のすべての機能を停止しており、1ヶ月間資産が凍結されていた。