【墨汁速報】イーサリアム"マージ"ついに完了!約9年越しの構想が実現し電気代が99%減少

イーサリアムのマージ(The Merge)が無事ターゲットのTTDに到達し、メインネットでの移行が完了した。イーサリアムの7年間の歴史で最も大きなアップデートとなり、マイニングを必要とするプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からイーサリアム独自のプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行したことになる。

関連記事:イーサリアムのマージ(The Merge)でどう変わる?DeFiやNFTへの影響は?

「マージ」ついに完了

2022年9月15日にイーサリアムはTTDが58750000000000000000000を記録したことで記念すべき超大型アップデート「マージ(The Merge)」が行われた。

マージ前までイーサリアムはDeFiやNFTマーケットプレイスが動いていた「イーサリアム1.0(ETH1)」と32ETHをステーキングすることで「バリデータ」としてネットワークに参加できるイーサリアム2.0(ETH2)が平行して動いており、マージによって1つのイーサリアムネットワークとして統合されたことになる。

PoSへの移行はイーサリアム発明者のヴィタリック氏の約9年越しの構想となる。今後はマイニングは不要となるためブロック生成間隔が12秒に固定されることになり、ネットワークの安定と若干のコントラクトや送金の実行速度が早くなる。またマイニングによる並列計算が不要となるため、イーサリアムネットワークのセキュリティに必要としていた電気代を99%~減少できるということも大きいだろう。

関連記事:祝イーサリアム(ETH)7周年、この1年でどこまで変わったのか?

マージ後もイーサリアムは安定

マージでPoSであるCasper FFGに移行後、イーサリアムは無事エポックをファイナライズすることができた。これは32ブロック(スロット)ごとにそれまでの取引を完了させるためのイーサリアムネットワークの新たなルールであり、ネットワークの安定を示す。

ETHWのフォークは24時間後

イーサリアムのマイニングを継続させたい中国人マイナーによってフォーク(コピー)が行われるイーサリアムPoW(以下ETHW)は、イーサリアムのマージが完了した24時間後に予定されている。

ETHW CoreチームによるとチェーンID10001へのスイッチが正しく行われるかを確認するため、マージが行われるTTDが58750000000000000000000をヒットしたブロックから2048ブロックをトランザクションを取り込まない「空のブロック」とするとしている。

つまり2049ブロック目からがETHWの正式なブロックとなり、ネットワークが開始される予定だ。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開

関連記事:イーサリアムの一大イベント「マージ(The Merge)」前にETH投資家が準備すべきこと

▼墨汁サロンでは投資家向けにDeFiやイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス・トレーディング」チャプターイレブン破産申請
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス・トレーディング」チャプターイレブン破産申請
仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)の子会社でジェネシス・トレーディング(Genesis Trading)としても知られる「ジェネシス・グローバル・キャピタル(Genesis Global Capital LLC)」が連邦破産法11条、チャプターイレブンを申請して破産。