Solana x SerumハッカソンさまざまなDeFi(分散型金融)プロジェクトを紹介

最近注目が高まるブロックチェーンソラナ(Solana)とその上に構築された分散型取引所セラム(Serum)のハッカソンが2021年3月に開催されました。今回は優勝こそ逃したものの、審査員かやコミュニティから高い評価を受けた2位~特別賞のプロジェクトを紹介します。

Solana上での合成資産作成やLPトークンの活用が2位入賞

パロット(Parrot)

パロットイメージ

パロットは、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー1にある既存のイールドベアリングトークンをSolanaのDeFiエコシステムに橋渡しする合成債務プロトコルです。DeFiユーザーであれば馴染みの深いSushiやCurveなどのプロトコルのLPトークン保有者は、トークンを担保としてSolanaベースのレンディングに回すことができるようになります。

パロットGitHub:https://github.com/defactojob/partyparrot

シンセシファイ(Synthetify)

シンセシファイ

シンセシファイ(Synthetify)は、Solanaをベースに構築された合成資産のための分散型プロトコルです。イーサリアムベースのSynthetixプロトコルのようなプロジェクトです。

Synthetify社ウェブサイト :https://synthetify.io

ソルライズ(Solrise)

ソルライズ

ソルライズは、分散型のP2P資産管理・取引プロトコルで、ファンドマネージャーは投資ファンドを作成し、トークンを預け、取引する資産を選択することができます。また、ファンドの投資家は、ファンドのパフォーマンスとその収益をモニタリングすることができます。
 
Solriseウェブサイト:https://solrise.finance/

DEXの納税お助けツールや宝くじなどが3位入賞

セラム・タックス・タイム(SerumTaxTime)

セラム・タックス・タイム(SerumTaxTime)は、ユーザーのSerum DEXの取引分析し、納税額を決定するツールです。

Serum Tax Time GitHub:https://github.com/SerumTaxTime

DTFプロトコル

DTFプロトコル
DTF Protocolはユーザーが資産管理戦略を実行し、他の人が投資できるようにするものです。

DTF GitHub:https://github.com/p2p-org/Non-custodial-DEX-Traded-Funds

スシ・ウォーリアー(Sushi Warrior)

スシ・ウォーリアー(Sushi Warrior)は、イーサリアム上の負けなし宝くじ「PoolTogether」に似た機能を持つ多人数トーナメント形式のDeFiバトルゲームです。また、このプロジェクトはウォレットに関するプロジェクトに贈られるTorus賞も受賞しています。

テンダライズ・ミ―(Tenderize Me)

<Tenderize me イメージ

テンダライズ・ミ―(Tenderize Me)は、ユーザーがステーキングデリバティブトークンであるTenderSolを生成し、ロック期間なしにステーキングに参加したり、終了したりすることができるステーキングソリューションです。ユーザーにとってのSolanaのステーキングをより効率的かつ容易にし、ステーキングによってTenderSolトークンを持つことで、ユーザーはそのトークンを他のプロトコルでの担保などに再利用することができます。

テンダライズ GitHub:https://github.com/Tenderize/Tenderize-on-solana

ハッカソンを起点にしたエコシステムの充実

Solanaに限らず、各プロトコルの財団や運営チームはハッカソンを通じてアプリケーションの数を増やしたり、すでにあるアプリケーションと同じことを自分たちのチェーン上でもできるようにするなどエコシステムの拡大に向けて動いています。

ハッカソンや助成金プログラムで評価されれば資金提供を受けられるので、開発者やデザイナーの方は積極的にこれらの取組みに参加していくとより大きなチャンスを掴むことができます。今後のSolanaやSerumのハッカソンや助成金プログラムに興味がある方はSolanaの日本語ツイッターなどのからの情報をウォッチしておくとよいでしょう。

参考:Solana X Serum DeFi Hackathon優勝者のご紹介

おすすめの記事
【墨汁速報】破綻したFTXの仮想通貨取引所「FTX.com」サービス再開か?新CEOが可能性を検討
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破綻したFTXの仮想通貨取引所「FTX.com」サービス再開か?新CEOが可能性を検討
破綻した仮想通貨最大手FTXグループの新CEO、ジョン・J・レイⅢ氏は同グループのインターナショナル仮想通貨取引所である「FTX.com」のサービス再開を検討していると述べた。このFTX.com再開報道からFTT(FTXトークン)は35%の高騰となり、一時2.45ドルを記録した。
【墨汁速報】イーサリアム発明者Vitalik「ロプステン実装でThe Mergeは90%完了」ethCCで今後の移行について解説
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム発明者Vitalik「ロプステン実装でThe Mergeは90%完了」ethCCで今後の移行について解説
イーサリアム発明者のヴィタリック氏によると、イーサリアムの超大型アップデート「The Merge(マージ)」はテストネットのロプステン(Ropsten)のマージにより90%が完了していると述べた。ロプステンにおけるマージは6月に完了しており、1~2ヶ月後にメインネットで本実装をする予定となっている。
【墨汁速報】仮想通貨取引所に米銀行サービス問題が直面 バイビットが突如ドル入金を停止
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨取引所に米銀行サービス問題が直面 バイビットが突如ドル入金を停止
仮想通貨取引所でデリバティブ取引などで知られているバイビット(ByBit)がドルでのワイヤー送金を介した入金の一時停止を発表した。仮想通貨取引所の入出金インフラを支えていたシルバーゲート(Silvergate)銀行がトラブルを抱えていることが判明しており、仮想通貨業界は米国の銀行システムアクセスに問題を抱えている状態となっている。