【墨汁速報】イーサリアム2.0のステーキング大台の1000万ETH「3兆円」超え ETH価格に反して預入の勢い止まらず

イーサリアム2.0のデポジットコントラクトへステーキング(預入)されたイーサー数がついに1000万ETH、約3兆円を突破。これはイーサリアム2.0のネットワークを安全に保つバリデータの登録アカウントが31万以上されたことになり、ネットワークのセキュリティ向上とETHのロックという大きな影響を持つ

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Merge実装がほぼ完了

3兆円(1000万ETH)がイーサリアム2.0へロック

イーサリアム2.0のネットワークにバリデータとして参加するために必要な32ETHのステーキングは、10日についに大台となる1000万ETHを突破。ETH価格は下落しているものの、時価で3兆円を超えるETHが預入先のデポジットコントラクトに保管されている。

1バリデータにつき32ETHが必要となることから、バリデータの登録は31万アカウントを超えることになる。現在イーサリアムバリデータは30万アカウントがオンラインになっており、イーサリアム独自のプルーフ・オブ・ステーク(PoS)である「Casper FFG」において、バリデータ数の増加はセキュリティの上昇を意味する。

イーサリアムの発行数の10%がデフレ

イーサリアムは2021年に導入したEIP-1559により、支払われた手数料の大半がバーン(焼却)されており市場供給量が約13秒ごとに減少、つまりデフレしている。

1年足らずでバーン数は約200万ETHとなっており、ステーキングでロックされているETHを含めると約1200万ETHが全体から減少していることになる。


出典:Ultrasound - EIP-1559によるETHのバーン数

ETHの市場供給量は2022年3月現在で1199万ETHとなっているため、約10%デフレしているということだ。このデフレは価格上昇だけでなく、売り圧力の減少に貢献しているため、ステーキングはセキュリティを向上してETH価格の安定に貢献しているということになる。

関連記事:イーサリアムのEIP-1559のETHバーン数と今後、イーサリアムは更に高騰する?

The Merge後には32ETH引出しが可能に

The Mergeはイーサリアムが現在のマイニングを修了し、完全にプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行するイーサリアム過去最大のアップデートだ。このマイニングの廃止はマイナーのETH報酬が無くなるため、ETH発行数が極端に減少することになる。

イーサリアム発明者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏によると、このThe Merge後には現在ロックされている1000万ETHを引出し可能とする別のアップデートがロードマップとして描かれている。

だがThe Mergeは2022年6月前後を予定しており、引出しアップデートまでは1年以上の猶予があると言えるだろう。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(ETH)が見据える今後10年のアップデート構想
イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)より大きな市場に、モルガン・スタンレーが予測
イーサリアム最大の危機「The DAOハック」とは?なぜETCが生まれたのか

▼墨汁サロンでは投資家向けにイーサリアム2.0の技術や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
SEC(米国証券取引委員会)はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の高金利レンディング企業BlockFiを綿密に調査しているという。BlockFiは最大で年間利回り9.5%を提供するレンディング企業であり、金利を提供するBIAが証券に当たる可能性があると考えられている。