【墨汁速報】イーサリアムL2の「ジーケーシンク(zkSync)」で初のハッキング 報酬キャンペーンで被害が増加か

イーサリアム上に展開するL2ネットワークのジーケーシンク(zkSync)で初のハッキング被害が発生した。ジーケーシンク上に展開するレンディングプロトコルの「エラレンド(Eralend)」がハッキング被害に遭い、推定340万ドル(約4.8億円)の被害であるとみられている。

関連記事:【墨汁速報】推定仮想通貨被害141億円 創設者失踪のマルチチェーン(MULTI)ハッキング被害か

ジーケーシンクの大手レンディングがハッキング被害

ジーケーシンク(zkSync)とはイーサリアム上に展開する新たなネットワークであり、L2(レイヤー2)と呼ばれるイーサリアム巨大エコシステムの1つとしてしられている。ジーケーシンク上の初のレンディングプロトコルである「エラレンド(Eralend)」は預入資産がジーケーシンク上で3位にまで上昇している大手DeFi(分散金融)として知られている。

エラレンドでは預け入れられていたステーブルコインの「USDC」がハッカーによって不正に引出しされており、USDCを預け入れていたユーザーが被害にあったということになる。被害推計は約340万ドルに上るとされており、日本円にして約4.8億円となっている。提携している分散取引所のシンクスワップ(SyncSwap)によると、同プロジェクトのUSDC/ETH流動性マイニングトークン(LP)は被害にあっておらず安全だとしており、引出しを推奨している。

関連記事:【墨汁速報】顧客資産100億円以上使い込み発覚 仮想通貨カストディ「プライムトラスト」が破綻

エラレンドの報酬キャンペーンで被害が増加か

エラレンドは2023年7月10日「エラレンド・ステラー・プログラム(EraLend Stellar Program)」という将来的な報酬付与プログラムを発表していた。このエラレンドの報酬プログラムでは将来的に割り当てられる可能性があるジーケーシンクの開発元、マターラボ(Matter Labs)からのエアドロップを行う可能性を示唆しており、IDO(イニシャル・デックス・オファリング)に参加できる権利、その他エアドロップを得られるとしていた。

この報酬プログラムの発表後、TVL(預け入れられた合計資産額)は1126万ドルから1851万ドルに増加していることから1.64倍になっていることがわかる。このTVL増加はエラレンドをジーケーシンク上で上位3位に押し上げており、結果的に被害が増大したことになっている。

コラム:ブラックロックのビットコインETFは米国証券取引委員(SEC)に承認されるのか?

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
ゴールドマン・サックスはビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨への投資を第二四半期から富裕層へ提供を開始するという。ゴールドマン・サックスはモルガン・スタンレーに続く形となり、ビットコインや仮想通貨を新たな「資産クラス」として見ている。