「ブロックチェーンゲーム業界は強気の姿勢を維持」ダップレーダーが2022年第3四半期のレポート発表

分散型アプリケーション (Dapps)の分析などを行っているダップレーダー(DappRadar)は10月12日、2022年第3四半期におけるブロックチェーンゲームに関するレポートを発表した。

9月の1日平均UAWは8%増加

ダップレーダーは、今回のレポートの中で9月の1日平均のユニーク・アクティブ・ウォレット(UAW)は8%増加したことを明らかにしている。さらにブロックチェーンアクティビティの48%を占めているという。この数字について同社は、非常にポジティブな指標となったとまとめている。

また同レポートではメタバースに関する数字にも言及されており、第2四半期のメタバースプロジェクトの取引高は7,400万ドル(約109億円)だった。これに対し第3四半期における取引高は、91.61%減少となった。また仮想世界における土地の売買件数は、前四半期比37.54%減の52,224件となっている。これらの数字について同社は、このタイプのプロジェクトに対する熱狂は完全に衰えたわけではないが、底を打った可能性があると示唆している。

9月のブロックチェーンゲームの投資額は約230億円

ダップレーダーは、今回のレポートの中で9月に1周年を迎えた人気アプリ「STEPN(ステップン)」についても紹介。M2E(ムーブ・トゥ・アーン)の1つであるSTEPNは、月間累計ユーザー数300万人以上、累計シューズ数73万5,000以上という数字を誇っている。しかし、2022年5月以降は下降トレンドに陥っており、第3四半期には月間アクティブユーザーが67%減少の48万2,000人となっている。

その一方でブロックチェーンゲーム業界への投資は続いており、9月の資金調達額は1億5600万ドル(約230億円)に上るとされています。投資家がブロックチェーンゲームビジネスに投資した金額は、第3四半期でみると13億ドル(約1920億円)で第2四半期と比較して48%減少してた。同社はこの数値について「今期は投資額が最低水準だったとはいえ、この分野の拡大が止まらないこと、新たな主要プレーヤーが市場に参入していることを実証した」とコメントしている。

同社の予想では、ブロックチェーンゲームに対する今年の投資総額は92億5000万ドル(約1兆3,600億円)になるという。同社はこの投資額について、「デジタル資産市場の困難で不確実な状況にもかかわらず、主要な投資主体がブロックチェーンゲーム業界に強気の姿勢を維持していることを示している」とも述べている。

参考
DappRadar x BGA Games Report – Q3 2022

【こんな記事も読まれています】
ゲーマーの約半数が「NFT聞いたことある」、それでも保有は3%
ソラーレ(Sorare)がNBA・NBPAとパートナーシップ締結!基本プレイ無料となるNFTゲームは今秋リリース予定
ACミランがブロックチェーンゲーム「モンキーリーグ」のパートナーに就任

おすすめの記事
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
米国最古の銀行BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)は、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)サービスへ参入。ビットコインなどの保管や送金をBNYメロンのクライアントに提供するという。2020年に米国では「仮想通貨銀行」の設立が認められている。
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
インタビュー
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
グループ会社に仮想通貨交換業を営むGMOコインを持つ、GMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏に2019年の仮想通貨業界とこれからの動き、そしてGMOインターネットグループで発行予定のステーブルコイン「GYEN」について聞きました。