【墨汁速報】イーサリアム上の”ペンギンNFTアート"が8700万円(400ETH)で落札

イーサリアム上のNFTマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」で、ペンギンのNFTアート「Pudgy Penguin #6873」が400ETH(約8700万円)で落札された。このペンギンNFTアートは約1年前に落札されており、価格を大幅に更新したことになる。

関連記事:【墨汁速報】NFT最大手オープンシーでインサイダー取引 初事例として元社員が起訴される

ペンギンNFTが400ETH(約8700万円)で落札

ペンギンのNFTアート「Pudgy Penguin #6873」が8月23日早朝に400ETH、日本円で約8740万円でオープンシー(OpenSea)にて落札された。このペンギンのNFTアートは約1年前にイーサリアム上で発行されており、過去の履歴を調べてみたところ

2021年8月9日:150ETHで落札

2021年9月8日:225ETHで落札

と2回売買されており、ETH建てでは177%の高騰ということになる。

関連記事:【墨汁速報】米Bitwise6800億円規模の「優良NFT」へ投資する「NFTインデックスファンド」をローンチ

現在のイーサリアム価格は約218,000円を推移しており、このペンギンNFTは約8740万円相当ということになる。一方で1年前に落札された225ETHは当時のレートが1ETHが3499ドルであったことを考慮すると、787,275ドルで落札されていたことになる。

対して現在のイーサリアムのドル建てレートは1588ドルとなっており、ペンギンアートの実際のドルレートは635,200ドルであるということになるだろう。つまり実際には最高値を更新はしているものの、ドル建てで見ると約20%の損をしているということになる。

現在のイーサリアム価格は最高値から約3分の1に下落しており、長期下落トレンドの真っ最中であることを考慮すると、次にETH価格が高騰すれば大きく取り戻せる可能性もあるだろう。

高額落札はアドバイザリーボードへの参加が理由か

Pudgy Penguinの公式は22日にアドバイザリーボード(諮問委員会)に著名人を迎えたことを発表しており、NansenのCEOであるAlex Svanevik氏やメタ(元Facebook)とのパートナーシップを持つJordan Sterlin氏などの計8人をあげている。

これらの影響か、暴落が珍しくなかったNFTアートにも高額落札が入ったとみられる。NFTアートはETHなどのFT(ファンジブルトークン)と異なり、個数が限られることから流動性の問題があるため、ETH価格は大きく下落しているものの2018年の仮想通貨バブルとは一線を画すようだ。

関連記事:イーサリアムのマージ(The Merge)でどう変わる?DeFiやNFTへの影響は?

▼墨汁サロンでは投資家向けにDeFiやイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
仮想通貨ニュース
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
マイニングプール大手のF2poolが8周年を迎え、その記念にNFTアートのオークションを開催することを発表しました。韓国でも著名なアーティストの作品をNFT化したものが販売され、収益の一部は地球温暖化対策としてカーボンクレジットの購入に充てられます。