web3企業GRIPNRが著名NFTコレクターと提携 ミュータントエイプが登場

テクノロジー企業のGRIPNRは3月8日、web3企業のCEOでありNFTコレクターとしても知られるジミー・マクニールズ(Jimmy McNeils)氏と戦略的提携を発表した。これにより、ジミー氏のミュータントエイプが、同社開発中の卓上ロールプレイングゲーム(TTRPG)であるザ・グリマリング(The Glimmering)に登場するという。

2023年春にミュータントエイプスをミント

GRIPNRが開発するザ・グリマリング(The Glimmering)のオンチェーンプレイは3月30日から始まる予定だ。

GRIPNRは2022年4月、XBTO フムラ・ベンチャーズ(XBTO Humla Ventures)などから、250万ドル(約3億4,000万円)の資金調達を行っている。この資金により、ゲームプレイの設計、オンチェーンゲームプラットフォームの構築、創世記のNFTコレクションの販売を行っている。

ミュータントエイプスは、2023年春に発売される創成期コレクションで初めてミントする権利が与えられる。創世記ヒーローコレクションの第2期は、3月30日にPolygonブロックチェーン上でミントされる予定だ。

新しい伝承を生み出すことに興奮している

GRIPNRのブレント・マクロセ(Brent McCrossen)CEOは、「我々は、最も人気のあるデジタルコレクタブルブランドの1つである彼のミュータントエイプスをザ・グリマリングにもたらすためにジミーと提携することを嬉しく思う」と述べている。また、 「ボアードエイプとミュータントエイプスは、その希少性と高い価値などですでに有名だ。しかし我々は、ザ・グリマリングのプレイヤーにとって常に記憶に残る冒険の一部となるような新しい伝承を生み出すことを楽しみにしている」とも語った。

ジミー・マクニールズは、「ミュータントエイプが、ザ・グリマリングの世界でどのように狡猾な敵役に変身するのか、楽しみでなりません」と話している。さらに、「ダース・ベイダーやトニー・ソプラノのような悪役は、史上最高のキャラクターだ。ゲームにおけるミュータントの未来についても、本当にエキサイティングなものを計画している。その体験が展開されるのが楽しみだ」ともコメントした。

参考
J1mmy.eth and GRIPNR Join Forces to Bring Mutant Apes to The Glimmering

【こんな記事も読まれています】
NFT市場に復活の兆し、取引額が9ヶ月ぶりの高値で2,700億円超に
マジックエデンのベンチャー部門、11のWeb3ゲームスタジオに投資
web3ゲーム開発会社、コインベースベンチャーズなどから約17億円を調達

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム(ETH)で一時ネットワーク障害 開発者が現在原因を調査中
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム(ETH)で一時ネットワーク障害 開発者が現在原因を調査中
イーサリアム(ETH)ネットワークで一時トランザクションをファイナライズ(確定)できないネットワーク障害が約30分間発生した。日本時間6:50AM現在はファイナライズできており、このビーコンチェーン(Beacon Chain)での問題について開発者たちが原因を調べている。