NFTで健康になって稼げる?話題のアプリSTEPN(ステップン)とは?

今回は日本でも人気のソラナ(Solana)プロジェクト、STEPN(ステップン)について紹介します。STEPNは前回のSolanaハッカソンであるIGNITIONゲーム部門で入賞したプロジェクトでもあり、セコイアキャピタルやSolana Venturesなどから500万ドル(約5億7,000万円)の資金を調達しています。

12月にパブリックベータ版をローンチしてから、なぜか日本でのユーザー数が多い運動しながら稼げるアプリについて紹介します。

運動して健康になれるSTEPNとは?

STEPNは、NFTの靴を購入して歩いたり走ったりするとGSTというコインが貯まっていくアプリです。すでにローンチしているのですぐに使い始めることができます。

また、リアルで靴を履いていたらどんどんそこがすり減ってきますが、STEPNでも靴は消耗するので、GSTを使って修理する仕組みになっています。

靴の属性の中には耐久性( Resilience)やミステリーボックスドロップ率を表す運(Luck)、GSTを稼ぐ効率(Efficiancy)などのパラメーターがあり、靴によってその値が異なります。

#

STEPNの稼ぎ方 / 遊び方

まずはアプリをダウロード

STEPNで稼ぐにはまずアプリが必要です。iOS版もアンドロイド版も両方あるので、ダウンロードするところから始めましょう。初期設定もとても簡単で、メールアドレスを登録するだけでスタートできます。すでに使いたいウォレットがあるひとはウォレットの連携もしましょう、まだない人は作成してSOLを入金しておく必要があります。

国内ではLiquidで取り扱いがあるので、日本の取引所で買ってウォレットに送ることができます。
#

靴をゲットする

STEPNを始めるには靴が必要です。靴はウォーカーとジョガー、ランナー、トレーナーの4種類があり、それぞれ移動スピードや稼げるコインの量が違います。

現在1足あたり8SOL程度するので執筆時点で7万円以上となかなか高いのですが、もうすぐ靴の保有者から借りれるレンタル機能も使えるようになります。

#

STEPNのアプリにウォレットを連携したら、ウォレットからさらに「Spending account (STEPN内でSOLなどを消費するためのアカウント)」に移動させる必要があります。1~2分で完了します。

ウォレットから「Spending アカウント」にSOLを移動させたらそこから靴を買えます。

外に出て走る

好きな靴をゲットしたら、あとはアプリをオンにして外に出かけましょう。

まとめ

STEPNは初期コストこそ少しかかってしまうものの、ユーザーの様子を見ている限りでは稼ごうと思って頑張るよりも、少しお小遣いがもらえて嬉しいから毎日歩こう、という気持ちのほうが楽しく長続きできそうです。

海外ではオフラインのランナー向けイベントのようなものも開催されているようで、ゆくゆく日本でもイベントが開催される日がくるかもしれません。筆者個人的にはカラーランのような楽しいイベントで皆でGSTを稼いだりNFTの靴を自慢しあえると嬉しいです。

そろそろ運動したいけど、なかなか続かないという方は一度試してみてもよいのではないでしょうか。

参考
STEPN

【こんな記事も読まれています】
ソラナ(Solana)の決済向けツール、ソラナペイ(Solana Pay)とは?
ソラナ(Solana)のスマホウォレット3選とSOLのステーキングの方法
Solana(ソラナ) でNFTを発行する方法、誰でもできる簡単ツールの紹介

おすすめの記事
竹中平蔵に聞く仮想通貨、革命をリードするのは誰か
インタビュー
竹中平蔵に聞く仮想通貨、革命をリードするのは誰か
何かを変えるときに重要なのはリーダーシップです。メディアからたたかれるリスクをとって自分から「みなさんどう思いますか」と声をあげるリーダーがいます。小泉さんが典型ですがニュース見れば、郵政民営化をやらなくていいのか国民が聞きたい、やらなくていいのなら自分は辞めると言って、郵政民営化を実現させました。