バイナンスとネットマーブルF&C、P2E・NFTエコシステム構築のためパートナーシップへ

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は2月10日、韓国のオンラインゲーム会社であるネットマーブル(Netmarble)の子会社ネットマーブルF&C(Netmarble F&C)と、グローバルなプレイ・トゥ・アーン(P2E)エコシステムとNFTの提供を構築するための戦略的パートナーシップの覚書を締結したことを発表した。

バイナンス・スマートチェーンのサイドチェーン上で開発

ネットマーブルF&Cは、2014年に設立されたネットマーブルの子会社。これまでには、「七つの大罪 ~光と闇の交戦(グランドクロス)~」などを開発している。また、バイナンスの提供しているブロックチェーンであるバイナンス・スマートチェーン(Binance Smart Chain)上でGameFiプロジェクトを開発しているアイタム・キューブ(ITAM CUBE)の買収を1月12日に発表した。これにより、既存の事業をブロックチェーンに統合するためのP2Eインフラと技術を確保している。

バイナンスとネットマーブルF&Cは、今回の戦略的パートナーシップを通じて、BSCのアプリケーションサイドチェーン(BAS)を通して、BSCのインフラを開発し貢献する。ネットマーブルは、BSC GameFiエコシステムとグローバルなP2Eエコシステムを成長させることができるGameFiプロジェクトを構築していきます。

バイナンスのマーケットプレイスにてNFTプレセール開始

バイナンスとネットマーブルは、既に今後の予定についても議論を始めている。例としては、バイナンスNFTマーケットプレイスでイニシャル・ゲーム・オファリング(IGO)の可能性や、将来のゲームにおける仮想通貨の使用事例の開発をサポートするなどだ。

最初のコミットメントとして、ネットマーブルF&Cが開発したゲーム「Golden Bros」のNFTプレセールがバイナンスNFTにて行われる。

バイナンスNFTのヘレン・ハイ(Helen Hai)グローバルリーダーは、「ネットマーブルはゲーム業界で革新的な経歴を持っており、一緒に仕事ができるのは光栄なことだ。このパートナーシップを通じて、ネットマーブルがゲームエンターテインメント業界を超えた持続可能で破壊的なGameFiエコシステムを構築することをサポートしたいと考えている」と語っている。

ネットマーブルF&Cのソ・ウウォン(Seo woo-won)CEO(最高経営責任者)は、「ブロックチェーンエンターテイメントを主流にし、ボーダレスの喜びと楽しさを実現するという同じ目標を一緒に追求するために、バイナンスと広範囲なパートナーシップを始めることができて嬉しい」と話している。

参考
Binance and Netmarble F&C Sign MoU for Strategic Partnership to Build a Global P2E and NFT Ecosystem

【こんな記事も読まれています】
ブロックチェーンゲームのサイダス・ヒーローズ、ポリゴン上での開発へ
ブロックチェーンゲーム「ギャラクシー・ファイト・クラブ」が約8億円の資金調達に成功
メイズ・セオリーら新ブロックチェーンゲーム会社、第一弾は多人数参加型RPG

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加
イーサリアムの手数料モデルを変更し、ETH価格の高騰と手数料緩和が期待できるEIP-1559のコミュニティ会議が26日に行われた。今回のコミュニティ会議ではイーサリアムマイニングプールやマイニング行うハードウェア”ASIC”の開発企業のCTOなどが参加しお互いの意見を共有した。