ブロックチェーンゲームの「ソラーレ」が英プレミアリーグと提携

ブロックチェーンサッカーゲームを提供しているソラーレ(Sorare)が1月30日、イングランドのサッカーリーグであるプレミアリーグと複数年にわたるライセンス契約を結び、新しいファンタジーゲームとマーケットプレイスを提供すると発表した。

既存のソラーレのルールとゲームプレイを踏襲

今回の提携により、プレイヤーはプレミアリーグ20クラブの全選手を網羅した公式ライセンスのデジタルカードを収集、売買し、プロのクラブオーナーのようにチームを作って競い合うことが可能になった。

既存のソラーレのルールと同様に、選手のパフォーマンスによってスコアが決定され、このスコアがドラフトや大会にも使用される。ドラフトでは、ヨーロッパのトップリーグを含む世界中の数十のプロリーグから、各選手の直近15試合のスコアを基に、各ポジションごとに平均スコアが50になるように8人を選ぶことができる。さらに、デジタル選手カードをスカウト、売買、トレードしてラインナップを構築することも可能だ。また、新しいプレミアリーグでは、大会も週に2回開催される。プレイヤーは5人制のチームを選び、無料で参加することが可能だ。

プレミアリーグをより身近に感じることができる新しい方法

プレミアリーグのリチャード・マスターズ(Richard Masters)チーフ・エグゼクティブは、「サポーターがお気に入りのチームや選手を応援する方法は進化しており、プレミアリーグは常にファンとの関わり方を模索している」と話した。また、同氏は、「ソラーレのデジタルカードと革新的なオンラインゲームは、スタジアムで観戦している人も、世界中から観戦している人も、プレミアリーグをより身近に感じることができる新しい方法だ。ソラーレはプレミアリーグにとって理想的なパートナーであると確信しており、密接に協力していくことを楽しみにしている」と語っている。

また、ソラーレのニコラス・ジュリア(Nicolas Julia)CEO(最高経営責任者)兼共同創業者は、「プレミアリーグはグローバルであり、過去30年にわたり多くの象徴的な瞬間や選手を生んできた。私たち自身もサッカーファンとして、このパートナーシップは創業以来夢見てきたことだ」と述べた。さらに同氏は、「プレミアリーグ、NBA、MLBという世界有数のスポーツリーグと提携できたことを大変誇りに思う。私たちは信じられないほど興奮しているし、ファンの皆さんが私たちのトーナメントでプレミアリーグのカードを使ってプレイするのを見るのが待ちきれない」とも話している。

プレミアリーグのツイッター公式アカウントは、今回の提携について、「プレミアリーグのクラブを経営してみたい? ソラーレでチームを作り、ランクを上げ、大きな報酬を求めて競おう」と投稿している。

参考
Sorare partners with Premier League to launch digital player cards for fantasy football game

【こんな記事も読まれています】
ブロックチェーンゲームの2022年資金調達は約9900億円、ダップレーダーがレポート公開
次世代Web3ゲームプラットフォームがポリゴンらから約15億円の資金調達に成功
ブロックチェーンゲームの「シナジーランド」がポリゴンへの移行を発表

おすすめの記事
【墨汁速報】ジェネシス非任意的破産申請の危機 最大手仮想通貨ファンドGBTCへも波及か?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ジェネシス非任意的破産申請の危機 最大手仮想通貨ファンドGBTCへも波及か?
FTX破綻の影響で出金を停止している仮想通貨ブローカレッジのジェネシストレーディング(Genesis Trading)はチャプターイレブン非任意破産申請のリスクに直面している。ジェネシストレーディングの出金停止から47日経過しているとウィンクルボス兄弟と知られる仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)のキャメロン・ウィンクルボス氏は1月8日までにこの出金停止解決を求める公開状を掲載した。
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
米国最古の銀行BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)は、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)サービスへ参入。ビットコインなどの保管や送金をBNYメロンのクライアントに提供するという。2020年に米国では「仮想通貨銀行」の設立が認められている。