ザ・サンドボックスがゲーム会社ゼプトラボと連携、カフェ経営が可能に

仮想のゲーム世界の構築を手掛けているザ・サンドボックス(The Sandbox)は2月7日、カット・ザ・ロープ(Cut the Rope)などを開発しているゲーム会社ゼプトラボ(ZeptoLab)との提携を発表した。

ザ・サンドボックス内でアーケード経営ゲームをプレイ可能

今回の提携により、ゼプトラボは、ザ・サンドボックス内の土地(LAND)に同社がユーチューブ(YouTube)上で公開しているアニメ「オムノムストーリー(Om Nom Stories)」に登場する架空の都市ノムビル(Nomville)を創造する。プレイヤーは、ノムビルにあるオムノムカフェ(Om Nom Cafe)で顧客にサービスを提供するアーケードゲームをプレイすることが可能だ。

ほかにも、同社は、カット・ザ・ロープ2に登場するモンスター「ノミー(Nommies)」や「カット・ザ・ロープ:タイムトラベル(Cut the Rope: Time Travel)」の先祖をモデルにしたデジタルグッズや、アバターをカスタマイズするためのアクセサリーや装備品を開発する予定だ。

ザ・サンドボックスのセバスチャン・ボルジェ(Sebastien Borget)共同創設者兼COO(最高執行責任者)は、今回の締結について「ゼプトラボをザ・サンドボックスに迎えることができ、とても嬉しく思っている」と述べた。また「カット・ザ・ロープのコミュニティが、本当に所有できるデジタルアイテムを使って、メタバースであらゆる作品を作ることを楽しみにしている」とも語っている。

サウジアラビアのデジタル政府機関とMOU締結

ザ・サンドボックスは2月8日には、サウジアラビアのデジタル政府機関(DGA)との間でMOU(覚書)を締結したことを、ボルジェ氏のツイッターアカウントで明かしている。

今回のザ・サンドボックスとサウジアラビアのデジタル政府機関(DGA)とのパートナーシップの詳細は今後明らかになるという。

参考
The Sandbox announces partnership with Cut the Rope creator ZeptoLab to build new Web3 experiences

【こんな記事も読まれています】
ブロックチェーンゲームの「ソラーレ」が英プレミアリーグと提携
イーサリアム(ETH)の2023年の開発ロードマップを理解する
今年のメタバース・ベンチャー投資から2023年について分かることとは?

おすすめの記事
【墨汁速報】破産裁判所が仮想通貨レンディング「ブロックファイ」の再建に向けた売却オークション計画を認可
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産裁判所が仮想通貨レンディング「ブロックファイ」の再建に向けた売却オークション計画を認可
米破産裁判所は、2022年11月に破産してチャプターイレブンで再建中の仮想通貨レンディング企業最大手ブロックファイ(BlockFi)が買収先を探すための入札を開始するための申立てを許可。破産裁判所の許可が降りたことでブロックファイは2023年中旬に向けて再建を目的とした自身の売却オークション手続きを開始することになる。