歩いて稼ぐムーブトゥアーン(M2E)とは?本格的な広がりは2022年に

分散型アプリケーション(Dapps)やNFTなどの分析を行っているダップレーダー(DappRadar)は4月20日、歩いたり運動したりすることで仮想通貨を得ることのができるムーヴ・トゥ・アーン(M2E)に関する記事を公開した。

トークノミクスとブランディング戦略を徐々に強化

ムーブ・トゥ・アーンのコンセプトはとてもシンプルで、ユーザーは実際の世界で動いたり、運動することで報酬を獲得することができるというもの。

今回のレポートでは、M2Eの歴史やコンセプトについてまとめている。このレポートによると、ムーヴ・トゥ・アーンが本格的に普及し始めたのは2022年だと解説している。さらに、2023年になると、ムーヴ・トゥ・アーン関連のダップスが成熟期に入り、トークノミクスとブランディング戦略を徐々に強化していると分析している。

また同社は、ムーヴ・トゥ・アーンの難点として、どれだけのユーザーが関わっていて、どれだけの収益を上げているのか、正確な数字を出すことは難しいという点を挙げている。M2Eの著名なプラットフォームの1つであるステップン(STEPN)を見ると、ローンチから半年あまりで55万人のユーザーを獲得した。さらにゲーム内でお金を稼ぐために装備するスニーカー(NFT)は、42万個以上鋳造されている。

RPGを組み込んだプラットフォームも存在

同社はムーヴ・トゥ・アーンにもさまざまなユースケースがあることを挙げている。純粋に運動するためのM2Eプラットフォームもある一方で、RPGの要素を組み込み、物理的な世界での運動が仮想世界での冒険に役立つような仕組みを取り入れているプラットフォームも存在しているという。

さらに同社は、ムーヴ・トゥ・アーンの技術が進化するにつれて、より多くの仮想世界がプラットフォームに織り込まれるとも予想している。M2Eプラットフォームの1つであるザ・ダストランド(The Dustland)を運営しているオリーブエックス(OliveX)は、2021年にメタバースのザ・サンドボックス(The Sandbox)の一部の土地を購入済みだ。

ほかにも今回のレポートでは、ムーヴ・トゥ・アーンで仮想通貨を稼ぐ方法として、運動以外にもゲーム内NFT鋳造、NFTの取引、ステーキングといった方法も存在することについても言及していた。

参考
・What is Move-to-Earn? Dive Into The Crypto Fitness Trend

【こんな記事も読まれています】
「2023年第1四半期のNFT取引額は約6,200億円」ダップレーダーがレポート公開
ポリゴンラボとイミュータブルが提携、ゲーム専用「イミュータブルzkEVM」発表
「モバイル向けのブロックチェーンゲームに期待」ダップレーダーがレポートを公開

おすすめの記事
仮想通貨の本を出したハイパーニートって何やってるの?カリスマブロガー”ポイン”に1日密着してみた
インタビュー
仮想通貨の本を出したハイパーニートって何やってるの?カリスマブロガー”ポイン”に1日密着してみた
仮想通貨界のカリスマブロガー“ポイン@ハイパーニート”とは一体どんな人物なのか?ディープな関係しか知らないポイン氏の私生活とは?今回はポイン氏が熱海旅行に行くというので1日密着取材を決行。お気に入り仮想通貨バーやポイン氏の著書の紹介もあり。
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
イーサリアムがマイニングを廃止してプルーフ・オブ・ステークへ完全移行する一大大型アップデート「The Merge(マージ)」に向けて、中国人マイナー達は自身の利益を守るためにイーサリアムをフォーク(分裂)させるための「イーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアであるGethを公開した