タイム誌がブテリン氏をカバーストーリーにしたNFT雑誌をリリース

タイム誌は3月下旬、NFT(非代替性トークン)利用可能な雑誌をリリースしました。カバーストーリーは、イーサリアム(ETH)の発明者で28歳のプログラマーであるヴィタリック・ブテリン氏を扱ったもので、表題は「The Prince of Crypto Has Concerns(仮想通貨のプリンスは懸念している)」です。

タイムと先進メディアLITDaoとのコラボで史上初のNFTマガジン

これはタイム誌と先進的メディアであるLITとの共同プロジェクトで、2021年12月に開始されました。タイムのキース・グロスマン(Keith Grossman)社長は「タイムがweb3エコシステム内で何ができるか、その限界を押し広げ続けるにつれて、ブロックチェーン上で初のマガジンを制作することが当社にとって自然な展開に思えた。特にこの雑誌はコミュニティーから愛されるだろう」とコメントしました。

LITによると、LITGenesis保有者は、T「この歴史的なNFT」のエアドロップを受ける資格があります。LITは最近、俳優ロバート・デ・ニーロのNFTを第2のプロジェクトとして開始しています。

NFTとWeb3はデジタル時代の収益性を維持する新たなスタート

タイムによると、NFTとweb3 は大きな成果を上げています。2021年は1,000万ドル余りの収益、2万5,000人以上のアーティストとクリエーターのコミュニティーが生まれるなど「大ヒットの年」でした。雑誌、同様のウェブサイト、コンテンツクリエーターにとっても、Web3とNFTは、デジタル時代に収益性を維持する新たなスタートと収入源を表す可能性があります。

その中心にあるのが、ブロックチェーン技術とイーサリアムです。スタッフリポーターのアンドリュー・チョウ(Andrew Chow)氏は、イーサリアムの発明者であるブテリン氏を「地球上で最も魅力的で間違いなく重要な人々の1人」と呼んでいます。「仮想通貨のプリンスは懸念している」とのタイトルが付けられましたが、ブテリン氏は個人がネットワークの未来に対して一方的な権力を持つべきという考えを否定しています。

参考
TIME Releases First-Ever Full Magazine Issue as an NFT on the Blockchain Featuring a Cover Story on Ethereum Co-Founder Vitalik Buterin

【こんな記事も読まれています】
NFTプラットフォームのボンドリー音楽サイトのバンドシンタウンと提携
アドビのBehancがソラナ(Solana)のウォレットに対応
NFTマーケットプレイスのクイッド、米国玩具会社MGAエンターテインメントと提携

おすすめの記事
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
仮想通貨ニュース
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
「仮想通貨・ブロックチェーンの普及拡大」=「ビットコインの普及拡大」とならないことがやっと浸透してきたように感じています。2018年7月までのビットコイン相場の振り返り、LINE(ライン)、ヤフー・ソフトバンクの店舗決済キャッシュレス化加速、ポイント・ギフト券の分散台帳技術を利用したトークンに関する可能性などに関して書きました。
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
米国最古の銀行BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)は、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)サービスへ参入。ビットコインなどの保管や送金をBNYメロンのクライアントに提供するという。2020年に米国では「仮想通貨銀行」の設立が認められている。